2015/10/08 | 新宿駅 ~ 松山駅 | Car-Bcals


全画面

深夜の高速バスで松山まで行ってきたときのデータです。東名、新東名、伊勢湾岸、東名阪、新名神、名神、中国、山陽、神戸淡路鳴門、高松、松山と多くの路線を突っ走ります。ドライブ好きにはたまらない路線ですが、なにせ深夜の直行便。窓は常にカーテンで締め切らないとならないので、まったく外は見えず・・・。今どこを走っているのか実感できない状況はかなりのストレスです。
データをざっくり見わたすと、気になる区間が2つ。東名の豊川ICから豊田JCTまでと、高松自動車道の鳴門から高松東までの対面通行区間。低速走行中にもかかわらず、加速度が高い値を見せる箇所が多いように見えます。
以下、長距離のトリップなので走行区間をまとめてみました。通過時刻を割り出せば旅行速度が算出できますね。

  1. <出発>新宿駅
  2. <入口>初台南IC ⇒ 首都高速中央環状線
    (分岐)大橋JCT ⇒ 首都高速3号渋谷線
    (分岐)東京IC ⇒ 東名高速道路
  3. <休憩>足柄SA ⇒ 東名高速道路
    (分岐)御殿場JCT ⇒ 新東名高速道路
    (分岐)三ケ日JCT ⇒ 東名高速道路
  4. <停車>豊橋北BS ⇒ 東名高速道路
    (分岐)豊田JCT ⇒ 伊勢湾岸自動車道
    (分岐)四日市JCT ⇒ 東名阪自動車道
    (分岐)亀山JCT ⇒ 新名神高速道路
  5. <休憩>甲南PA ⇒ 新名神高速道路
    (分岐)草津JCT ⇒ 名神高速道路
    (分岐)吹田JCT ⇒ 中国自動車道
    (分岐)神戸JCT ⇒ 山陽自動車道
    (分岐)三木JCT ⇒ 神戸淡路鳴門自動車道
  6. <休憩>室津SA ⇒ 神戸淡路鳴門道自動車道
    (分岐)鳴門JCT ⇒ 高松自動車道
  7. <休憩>豊浜SA ⇒ 高松自動車道
    (分岐)川之江JCT ⇒ 松山自動車道
  8. <停車>三島川之江IC/BS ⇒ 松山自動車道
  9. <停車>川内IC/BS ⇒ 松山自動車道
  10. <出口>松山IC
  11. <到着>松山駅

20151008

トリップ概要

  場所 時刻 所要時間 移動手段
出発 新宿駅 21:00:44 11:20:40 バス
到着 松山駅 8:21:24

プローブ機器・設定情報

使用機器 Car-Bcals
ログ間隔 1 秒
ログ数 36,043
ログ率 88.3 %

プローブデータ・全体概要

移動時間 40,840 秒
移動距離 856.7 km
平均速度 距離と時間で算出 75.5 km/h
速度ログの平均 73.7 km/h

プローブデータ・基本集計

  最大値 最小値 平均値 標準偏差
速度 119.9 0 73.7 32.9
加速度 合成 秒間最大 +1.655 0.000 +0.137 +0.097
秒間最小 +1.23 0.000 +0.015 +0.027
秒間平均 +1.273 0.000 +0.061 +0.041
秒間偏差 +0.264 0.000 +0.025 +0.018
左右 秒間最大 +0.876 -0.979 +0.066 +0.067
秒間最小 +0.158 -1.136 -0.065 +0.061
秒間平均 +0.222 -0.985 +0.001 +0.035
秒間偏差 +0.297 0.000 +0.026 +0.018
前後 秒間最大 +1.511 -0.164 +0.031 +0.034
秒間最小 +0.497 -0.53 -0.033 +0.034
秒間平均 +0.87 -0.189 -0.001 +0.025
秒間偏差 +0.227 0.000 +0.013 +0.008
上下 秒間最大 +1.263 0.000 +0.097 +0.069
秒間最小 +0.743 -1.019 -0.102 +0.083
秒間平均 +0.806 -0.079 -0.001 +0.017
秒間偏差 +0.335 0.000 +0.044 +0.032

プローブデータ・加速度分析

分析軸 合成加速度の秒間偏差
しきい値 0.13
しきい値超過数 77
波形図
合成加速度の秒間偏差の波形図
合成加速度が最大値を示した瞬間の加速度の波形図
速度との関係
合成加速度
左右加速度
前後加速度
上下加速度

Related posts